• HOME
  • >
  • 医療機関専用BRM詳細情報

HQ-LPS詳細情報

医療機関向けHQ-LPSで癌細胞と闘う

マクロファージとNK細胞
がんと闘うふたつの細胞を活性化

 
がんを体から排除するためには、手術や制がん剤などによる治療だけでなく、免疫の力も不可欠です。特異的にがん細胞を殺すことのできるキラーT細胞を誘導できれば、がんに対抗することも可能です。しかし、そのためにはまず、がん免疫を誘導する必要があります。つまり、マクロファージががんを異物として認識し、ここで得られたがんの情報をT細胞やB細胞に渡し、がん免疫を成立させています。
 
また、がん免疫を機能させるにはリンパ節のマクロファージが重要なことがわかってきました。がんワクチンを皮下に投与することがリンパ節のマクロファージに情報を送るのに適しており、注目されています。
 
さらに最近の研究では、NK細胞とマクロファージの共同作業もがんの排除に重要なことがわかってきました。 NK細胞が、インターフェロン-γ(※)によってマクロファージを活性化し、がんを攻撃するマクロファージと、がんの抗原を提示するマクロファージを誘導するのです。
 
マクロファージを活性化することがわかっているHQ-LPSですが、実はNK細胞の活性化も誘導することが研究によって明らかになってきました。さらに、HQ-LPSは制がん剤の副作用を抑制するという研究データもあります。
 
HQ-LPSは、強力な自然免疫を発動させるとともに、がんの治療による体への負担軽減も期待できるのです。
 
これらの事から、米糠由来LPSをベースに癌治療目的に開発された「医療機関向けHQ-LPS」は、短期間かつ効果的に癌細胞を攻撃できる強力な武器だと言えます。
 
※インターフェロンーγ・・・感染症やがんに対して免疫系反応を促進するたんぱく物質であるインターロイキンの一種


 

1234