HQ-LPS概要

 
 

 

医療機関向けBRM「HQ-LPS」概要


 

健康のために免疫力を高める

 

HQ-LPS
病気になってから治療をするこれまでの医学とは違い、病気になる前から対策を講じる予防医学が今注目を集めています。

そこで重要な役割を担うのが「マクロファージ」という免疫細胞。体の中に侵入してきた細菌やウイルスだけでなく、体の中にできる酸化物質や変性タンパク質、死細胞などの異物を食べて排除し、病気になるのを防いでくれる、非常に頼もしい味方です。マクロファージを元気な状態に保つことが出来れば、私たちの健康は適切に守られる。そのために役立つ物質として自然なものから発見されたのがLPSです。

 

地球上のあらゆる生物に備わっている防御システムとは

 
体の外部から侵入してきた病原体など、異物を攻撃して健康を守る免疫システムには、「自然免疫」と「獲得免疫」という2つの種類があります。
 
まず、自然免疫を担当するのが、病原体などを食べる細胞で、ナチュラルキラー(NK)細胞をはじめいくつか存在しますが、主役といえるのがマクロファージです。体の中をアメーバーのように動き回りながら、異物をむしゃむしゃ食べて排除するマクロファージは、貪食細胞とも呼ばれています。自然免疫は、人間だけでなく地球上のあらゆる生物に生まれながらに備わっている、基本的な生体防御システムです。風邪をひいたときに薬を飲まなくても治るなど、自然治癒力が発揮されるのも、自然免疫が働いているからです。
 
一方、後天的な免疫システムである獲得免疫の仕事は、病原体の情報をキャッチし、病原体を効率的に排除すること。リンパ球のB細胞やT細胞が主となって活躍し、樹状細胞やマクロファージなどから病原体の情報を受け取ると、これに負けないための抗体やキラー細胞を作り出します。病原体の構造を記憶することで、一度かかった病気には罹りにくくなったり、たとえもう一度同じ病気に罹っても治りが早くなります。
 
マクロファージは、病気に罹ってからではなく、罹る前に働いて健康を守る予防医学という観点からも重要な細胞群です。さらに言えば、マクロファージは感染症予防を超えて健康を維持する重要なシステムを担っています。
 
 

マクロファージが体内のゴミを大掃除

ほこりから癌細胞まで食べつくす働き者

 
自然免疫の主役であるマクロファージは、異物を自身の体内に取り込み、酵素によって分解・処理を行います。
 
そして、取り込まれる異物は外部から侵入してきた病原体だけに留まりません。 PM2.5などのほこりのような無機物から、人間の体内で死んだ細胞、変異したたんぱく質、酸化したコレステロール、そして変異した細胞、つまりがん細胞なども、むしゃむしゃと食べるようにして処理することができます。
 
マクロファージは、体内にある不必要なあらゆるゴミを掃除してくれる存在。もし、マクロファージの働きが著しく低下してしまったら、体の中はゴミで溢れかえることになります。そして、それらのゴミによってさまざまな病気が発生することでしょう。健康を守るために、マクロファージがどれほど重要な役割を果たしているかがわかるはずです。
 
 

マクロファージ・ネットワーク

体の至るところに存在しそれぞれか情報交換している

 
体の内外から情報を受信するマクロファージは、全身に存在しています。その場所は、皮膚、筋肉、骨、肝臓、小腸、大腸、生殖器、脳……。
 

あらゆる場所で異物を処理し、体の健康を守っています。

 
また、マクロファージはそれぞれの部位で、いろいろな呼び方をされています。例えば、脳のマクロファージはマイクロクリア、肺では肺胞マクロファージ、肝臓ではクッパー細胞、皮膚ではラングルハンス細胞などです。これらのマクロファージは、呼び方こそ違っても、それぞれが密に情報をやり取りし、隣接細胞に伝達を行い、情報を全身に発信しています。別の言い方をすれば、マクロファージ同士が“対話”をしながら体を守っているわけです。

このような生体防御システムを「マクロファージ・ネットワーク」と命名しています。

感染防御・新陳代謝・傷の修復など、生体恒常性の維持に不可欠なすべてのことが、マクロファージ・ネットワークによって維持されていると考えています。
 
 

LPSのマクロファージ活性力

ストレス過剰な現代人の免疫強化にLPSは欠かせない物質

 
私たちの健康を守る門番としての役割を担うマクロファージ。その働きを著しく低下させるものがあります。それは、ストレスです。万病の元ともいわれるストレスに長期間晒され続けるとヽ不眠や肌荒れなどの症状に襲われたり、胃痛や便秘などの消化器系障害が起きたり、不安やうつ状態など神経系にもダメージを受けます。
 
マクロファージもストレスには非常に弱く、現代社会の生活では、マクロファージの機能は常に低下のリスクに晒されています。
 
そこで、マクロファージをストレスから守ってくれるLPSの出番です。LPSはマクロファージを生理的な活性状態にする働きがあります。これは、マクロファージの「プライミング状態」と呼ばれ、異物を効果的に排除するための準備段階といえます。
 
活性化マクロファージは、活性酸素(※)を作り出して体に悪影響を及ばすと考えられていますが、プライミングは、静かな活性化であり、異物と出合うと排除能力が高まるものの、異物と出合わなければ通常の状態を維持している状態です。ストレスの多い現代社会で生きる私たちが、LPSによってマクロファージをプライミング状態にしておくことができれば、いざというときも安心。LPS、健康を守るためにマクロファージを最適な状態に導いてくれるのです。
 
※活性酸素・・・電子数が変化して不安定になった酸素。細菌・ウイルスなどを排除する時に発生して細胞を酸化させる。
 
 

酵母や乳酸菌の1,000~1万倍の力

ごく微量でもマクロファージを適正活性化させる効果が!

 
マクロファージを適正に活性化させるのは、LPSだけではありません。例えば、キノコ類、酵母などに含まれるβグルカン(※1)、あるいは乳酸菌に含まれるペプチドグリカン(※2)なども、マクロファージを刺激してその働きを強化する作用を持っています。
 
しかし、これらの成分と比較すると、LPSのマクロファージ活性化力は、けた違いに高いことがわかっています。LPSの場合、βグルカンやペプチドグリカンよりも、なんと1,000~10,000分の1というごく少量で、マクロファージを活性化させる効果を持っているのです。
 
※1 βグルカン・・・多糖類の一種で、食物繊維の仲間。キノコ類や酵母などの細胞壁に存在する成分で、胃腸で消化・分解されず、腸内の免疫担当細胞に働きかける。
※2 ペプチドグリカン・・・多糖とペプチドから成る。正細菌の細胞膜の外側に層を形成する、細胞壁の主要物質。
 
 

ノーベル賞生理医学賞とLPSの受容体

LPSが「体にとって必要なもの」という証明がなされた瞬間

 
2011年、LPSにとって転機となる出来事が起こりました。自然免疫の研究が、ノーベル賞生理医学賞を受賞したのです。
 
アメリカのブルース・ボイトラー博士とフランスのジュールズ・ホフマン博士が「自然免疫の活性化に関わる発見」、アメリカのラルフ・スタインマン博士が「獲得免疫における樹状細胞の役割の解明」での受賞です。
 
これらの研究では、自然免疫には異物を感知する特定のたんぱく質が関わっていることや、LPSの働きは人間が10種類持っている異物識別たんぱく質の分子群の「トルライク・レセプター(略してTLR)」のうち、4番目の「TLR4」に結合して発現することなどが明らかになってきました。
 
TLRはマクロファージ膜の表面にも存在しており、異物の排除だけでなく生理的活性化(プライミング)を誘導することもわかっています。つまり、TLRの役割は、体に良いものを招き入れるための“鍵穴”のようなもの。 TLR4という鍵穴の存在は、そこに結合するLPSが人間の健康を守るために必要なものであるという証拠なのです。